味府神社(あじふじんじゃ)  摂津市別府1-1-14

味府神社(あじふじんじゃ)  摂津市別府1-1-14


由緒;
当神社は元、鯵生の宮と称し約千三百数拾年前、孝徳天皇が難波に都を定めし時の鯵生の離宮に始まり、白雉元年正月 孝徳天皇の行幸あり賀正を観す、と言う(日本書記・社記)。御祭神は天照大神・若一王子・八幡大神を奉斉し、社殿は荘厳を極めたりしが、長岡遷都に伴い、延暦四年(785年)、神崎川を通じる際し(大日本史・国郡志)御祭神を分かちてこの地に移築さる。天照皇大神を当別府の地に、若一王子を一津屋に、八幡大神を新在家<に移し奉りて三社をなす。当神社はその根元にして、後に春日大神・菅原大神を配祀して三座となる。当初は鯵生の社号なりしが、延元年間 今の味府の文字に改めたりと言う。往時、境内は大樹うっそうと生い茂り、裏添いの大川は今の味府浜を船着場として賑わい神社大いに栄え、狩野法眼の描ける社景屏風、その他宝什器幾多ありしが、明治23年社殿と共に灰燼に帰す。翌24年先の社殿再建され、以後百数年経過、老朽化激しく、平成4年現在の社殿、末社、社務所を建設し、在近郷崇敬者の信仰益々篤くなり現在に至る。 境内案内板より


社頭
画像


鳥居・社号標
画像


参道・境内
画像
画像


拝殿
画像


本殿  御祭神;天照皇大神、天児屋根命、菅原道真公
画像


拝殿前の狛犬
画像
画像


境内社  八幡神社
画像
画像
画像


古い昔の名残でしょうか?若一王子の灯籠が有ります。
画像
画像


手水舎
画像
画像


画像
画像




平成25年(2013) 7月23日  参拝


阪急電車・京都線 正雀駅から南へ1.5km 約30分 安威川沿いにあります。
少し奥まった住宅街の中に有りました。


いつも訪問を頂き、沢山の気持ち玉・コメントを有難う御座います。

引き続き、これからも宜しくお願い致します。




明日も良い日で有ります様に!!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック