玉ねぎの苗を植え付けしてから7週間・・・・・・・

朝には雨は上がっていますが午前中は雨降ったり止んだりです・・・・・・・・・・

  今日も気温は余り上がっていません。今年も後10日程になりましたね!!

今日は年賀状をボチボチと手を付けはじめますか・・・・・・・・・



玉ねぎの苗を11月3日に植え付けしてから7週間経過・・・・・・・・・・・・・

一回目の追肥を11月28日施し、12月に入り暖かい日が続いたのが良かったか悪かったかは

分かりませんがここに来て一気に葉の部分が元気になっている様な気がします!!

この時期は根の部分が張って欲しいと思っているのですが中々思うようには行きませんね!!

昨日の玉ねぎの様子です・・・・・・・・・・
画像
画像

画像
画像

画像
画像


極早生玉ねぎ・・・・・・・・・
画像
画像
画像


中晩生玉ねぎ・・・・・・・・・
画像
画像
画像


★たまねぎの栄養素(食材100g当たり)
・リンが30mg、・カリウムが160mg、・ビタミンB1が0.04mg、・食物繊維が0.5g、たまねぎの健康効果
たまねぎの健康効果
 たまねぎは、ねぎと同じユリ科の仲間である。たまねぎは野菜の中で最も糖質が多く、そのほとんどがエネルギー源として使われ、疲労回復に重要な役割を果たす。
 たまねぎには、辛みと刺激の正体である『硫化アリル』という成分が豊富に含まれている。硫化アリルは血液をサラサラにし、動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進、血栓を出来にくくする作用がある。 高血圧、糖尿病、脳血栓、脳梗塞などの生活習慣病(成人病)の予防に効果的だ。
 さらに硫化アリルには、ビタミンB1と結合してアリチアミンとなることで体内にビタミンB1を長く留め、ビタミンB1の吸収を促進する働きがある。 ビタミンB1が不足すると、食欲不振、イライラ、不眠、精力減退、疲労などの症状が起きやすくなる。たまねぎを、肉の中でもビタミンB1が多い豚肉と一緒に調理すれば、高い疲労回復効果が期待できる。
 たまねぎは、コレステロール値を抑える成分を多く含んでおり、肉食の多い現代の食生活に、たまねぎは重要な野菜といえる。    J-Medical医学と健康情報ホームページより



11月3日、玉ねぎ苗 200本の植え付け・・・・・・・・・・・
画像
画像
画像
極早生玉ねぎ100本・・・・・・・
画像
中晩生玉ねぎ100本・・・・・・・・
画像



11月28日、一回目の追肥施し・・・・・・・・・・
雑草を取り中耕して・・・・・・・・・・・・・・・
画像
草木灰を蒔き・・・・・・・・・・
画像
油粕を蒔いて・・・・・・・・・・
画像
かき混ぜて・・・・・・・・・・・・・・・・
画像
画像
堆肥が残っていたので保温と土が流れ防止に・・・・・・・
画像
画像
画像



追肥の時に蒔いた堆肥が雨が多くて少し流れている様です!!

今年の苗は少し貧弱で、畑友さんの中には途中で消えてなくなり植え替えをしていましたが

内では、ほとんど消える事無く育っています!!

よく見ると1~2本は成長が遅れているのも見られます・・・・・・・・







いつも訪問を頂きたくさんの気持ち玉・コメントを有難うございます。

これからも引き続きよろしくお願い致します。





明日も良い日で有ります様に!!




この記事へのコメント