テーマ:大阪府

ハスの花を見に万博記念公園②へ・・・・

ハスの花を見に万博記念公園②へ・・・・ R 1年 7月 8日 撮影 万博記念公園の夏の花八景エリアからスタートです・・・・ ムクゲ(木槿)①・・・・ ムクゲ(木槿)②・・・・ ムクゲ(木槿)③・・・・ ムクゲ(木槿)④・・・・ ムクゲ(木槿) 英名:Althaea,…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

長居植物園(大阪市東住吉区)の向日葵を見に・・・・・

長居植物園(大阪市東住吉区)の向日葵を見に・・・・・ R 1年 8月 2日 撮影 大阪市立長居植物園(大阪市東住吉区、長居公園内)で現在、ヒマワリの見頃に合わせて開園時間を延長するなどのイベント「ひまわりウィーク日程:2019年8月3日(土)~18日(日)」が開かれている。大阪市立長居植物園さんのHPより 面積…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

ハスの花を見に万博記念公園へ・・・・

大阪吹田市・万博記念公園へハスの花を見に・・・・ R 1年 7月 8日 撮影 大阪吹田市・万博記念公園・日本庭園 はす池 約26品種・1200株のハスが咲き誇ります。万博公園のはす池は、中央をシンプルなデザインの橋が通り、その周囲をピンクや白のハスの花が彩ります。 ハス(蓮)・・・・ …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

大阪・吹田市 万博記念公園のあじさいの森へ①・・・・

大阪・吹田市 万博記念公園のあじさいの森へ①・・・・ R 1年 6月 4日  撮影 万博記念公園・アジサイ園には・・・・ 万博記念公園には、さまざまな色や花形の30品種、約4,000株のものアジサイが咲き競います。なじみのある花はもちろん、珍しい品種も豊富。しっとりとした風情のなか、ゆっくりと、趣ある花をお楽し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

豊國神社(ほうこくじんじゃ)通称名;太閤さん  大阪市中央区大阪城2-1

豊國神社(ほうこくじんじゃ)通称名;太閤さん  大阪市中央区大阪城2-1 由緒; 御祭神;豊臣秀吉公、豊臣秀頼公、豊臣秀長卿 概要  京都府京都市東山区に鎮座する豊国神社の大阪別社として創建された。のちに京都・豊国神社から独立して豊國神社に改称。京都・豊国神社が訓読み(とよくに)で、豊臣秀吉のみを主祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市東住吉区・大阪市立長居植物園へ紫陽花を見に②・・・・・

大阪市東住吉区・大阪市立長居植物園へ紫陽花を見に②・・・・・ 続きは・・・・ R 1年 6月12日 撮影 大阪市東住吉区・大阪市立長居植物園とは・・・・  長居公園内にある大阪市立の植物園。  総面積242,000平方メートルの園内に、約1,000種類、61,000本の植物が生い茂っており、大阪の原生林を再現し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

大阪市東住吉区・大阪市立長居植物園へ紫陽花を・・・・・

大阪市東住吉区・大阪市立長居植物園へ紫陽花を・・・・・ R 1年 6月12日 撮影 大阪市東住吉区・大阪市立長居植物園とは・・・・ 長居公園の東南の一角にあるおよそ24.2haを占める長居植物園。 春はサクラ・チューリップ・ボタン・シャクヤク・バラ、夏はアジサイ・ハナショウブ・ハス・スイレン・ヒマワリ、秋はハギ・コス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大阪・吹田市 万博記念公園の菖蒲園③へ・・・・

大阪・吹田市 万博記念公園の菖蒲園③へ・・・・ R 1年 6月 4日 撮影 大阪 吹田市 万博記念公園・・・・・・・ 菖蒲園 和田津海 わだつみ WADATSUMI・・・・ 江戸系   中生   薄紺青に白筋の三英花。花径はおよそ10cm程度の小輪。 草丈は80cm前後。性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華表神社(かひょうじんじゃ)  堺市北区宮本町57

華表神社(かひょうじんじゃ)  堺市北区宮本町57 由緒; 御祭神;誉田別命、素盞鳴尊、宇賀之御魂命  社記によれば素盞鳴尊は仲哀天皇9年12月神功皇后筑紫に凱旋あり。  翌年 摂津国難波に至り給ひしときに鎮座あらしめ給ひ宇賀御魂命は嵯峨天皇の弘仁元年五穀成就の為め沙門空海之を勧請し後、後醍醐天皇の元享元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我堂八幡宮(がどうはちまんぐう)通称名;厄除さん 松原市天美我堂4-11-20

我堂八幡宮(がどうはちまんぐう)通称名;厄除さん 松原市天美我堂4-11-20 由緒; 御祭神;品陀別命  開運松原6社参りのひとつ。  京都の石清水八幡宮の分霊を勧請したものである。  延享元年(1744)の「両我堂明細帳」には「十五社明神」、享和2年(1802)「東我堂明細帳」にも「氏神十五社神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布忍神社(ぬのせじんじゃ)通称名;布忍宮・藤の宮 松原市北新町2-4-11

布忍神社(ぬのせじんじゃ)通称名;布忍宮・藤の宮 松原市北新町2-4-11 由緒; 御祭神;速須佐男之尊、八重事代主之尊、建甕槌雄之尊  布忍神社には、速須佐男之尊、八重事代主之尊、武甕槌雄之尊の三神が祭られている。  伝えによると18町(約2km)北方の天見丘から祭神をこの地に白布を敷いて迎えたのでこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッコリーの収穫・・・・・・

朝から快晴!!  朝は寒かったが日中は穏やか!!     温度差が大きくたいへんです!! ブロッコリーの苗 4本を9月4日に植え付けしてから2ヶ月・・・・・・・ ようやく収穫です!! 普通のブロッコリー1本、残り3本はスティクブロッコリーです!! 11月4日に収穫・・・・・・ 11月9日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹南天満宮(たんなんてんまんぐう) 松原市丹南3丁目6-11

丹南天満宮(たんなんてんまんぐう) 松原市丹南3丁目6-11 由緒; 御祭神;菅原道真、天照大神、天児屋根命 丹南天満宮の碑  古代より丹南は丹比野の中心として開け、丹南、丹北、八上の三郡に分ける。  後も郡名と同じ村名で栄えた。丹南天満宮は、菅原道真、天照大神、天児屋根命を氏神として祀り、社殿は大阪の陣の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴籬神社(しばがきじんじゃ)  松原市上田7-12-22

柴籬神社(しばがきじんじゃ)  松原市上田7-12-22 由緒; 御祭神;反正天皇(別名瑞歯別命){正殿}菅原真公(相殿)依羅宿弥(相殿) 当社は24代仁賢天皇の勅命により創建され後世慶長年中に兵火により焼失、 その後寛永年中に宮代代宮寺観念寺2代目住持覚夢(寛永田年没)によって再建され今日に至っております。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿保神社(あおじんじゃ) 松原市阿保5-4-19

阿保神社(あおじんじゃ) 松原市阿保5-4-19 由緒; 御祭神;菅原道眞公  阿保の地名は平安初期に平城天皇の皇子の阿保親王が干害の地に親王池など作り善政された。  阿保親王住居跡に親王社が建てられやがて阿保村と呼ばれた。  阿保神社は本殿に管原道真公を祀り本殿右側に阿保親王と厳島姫命(弁財天)を祀る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田坐神社(たざじんじゃ) 松原市田井城 5-11

田坐神社(たざじんじゃ) 松原市田井城 5-11 由緒; 御祭神;依羅宿根(よさみのすくね)、呉服漢織(くれはあやは)、豊宇気毘売神 田坐神社由来 大阪府史跡名勝天然記念物  松原村大字田井城字東口に在り周囲に土塀を○かし、境内200余坪  延喜式(913年編修)内の神社にしてその祭神は、依羅宿根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屯倉神社(みやけじんじゃ)  松原市三宅中4-1-8

屯倉神社(みやけじんじゃ)  松原市三宅中4-1-8 由緒; 御祭神;菅原道真公、須佐之男命、品陀別命(応神天皇) 祭礼日;7月25日・夏祭、10月1日2日・例祭 由緒  本社は宇「宮の内」にあり、縁起によれば河内國丹比郡依羅三宅天満宮として、上古より鎮座の天神にして「穂日の社」と言い、天慶5年(942…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱田神社(あつたじんじゃ)  松原市別所576

熱田神社(あつたじんじゃ)  松原市別所576 由緒; 御祭神;日本武尊  由緒:この宮は、日本武尊をまつる。日本武尊は、景行天皇の皇子、もと小碓命という。  御父の命により、九州の熊襲をうち、熊曽建は死にのぞみ倭建の御子の名をおくる。  これより日本武尊と名のる。再び東国の蝦夷を討つ。その途伊勢神宮に詣で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深居神社(ふかいじんじゃ)  松原市小川147

深居神社(ふかいじんじゃ)  松原市小川147 由緒; 御祭神;品陀別命  深居神社は、小川町の西北字馬場筋にあり、品陀別命を祀る。  社伝によると、創建は養老元年(717)に、もと津堂・若林・大堀・小川辺の総産土神であったが、中世の元弘建武の兵乱(1331~35)に分離して小川町だけの産土神となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)  松原市一津屋5-8-19

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)  松原市一津屋5-8-19 由緒; 御祭神;宇賀神(市杵島姫命) 嚴島神社縁起  嚴島神社は一津屋五丁目八番九号にあり、地名は「小字弁天」と云う。  祭神は天照大神の第三の姫、宇賀神(市杵島姫命)の分身で海の守り神と云い、神仏混淆時代には七福神唯一の女神、弁財天(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サムハラ神社(さむはらじんじゃ) 大阪市西区立売堀2-5-26

サムハラ神社(さむはらじんじゃ) 大阪市西区立売堀2-5-26 由緒; 御祭神;天御中主大神、高産巣日大神、神産巣日大神  祭神は天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神であり、ムサハラは三神の総称である。奥の院が美作加茂(岡山県津山市)にある。  1935年(昭和10年)に田中富三郎が出身地の岡山県苫田郡西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐稲荷神社(とさいなりじんじゃ) 大阪市西区北堀江4-9-7

土佐稲荷神社(とさいなりじんじゃ) 大阪市西区北堀江4-9-7 由緒; 御祭神;宇賀御魂大神、素盞鳴大神、太市姫大神、田中大神 縁起について  江戸時代、土佐藩の大阪蔵屋敷に隣接する長堀川(現在の長堀通)鰹座橋のほとりに神社が祀られていました。    この神社に土佐藩第6代藩主、山内豊隆が、京都の伏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難波八阪神社(なんばやさかじんじゃ)通称;なんばの八阪さん 大阪市浪速区元町2-9-19

難波八阪神社(なんばやさかじんじゃ)通称;なんばの八阪さん 大阪市浪速区元町2-9-19 由緒; 御祭神;素盞鳴尊、奇稲田姫命、八柱御子命  創建年代は不詳てずか、社伝によれば仁徳天皇の御代に難波郷に悪病が流行して、牛頭天王を祀ったのが神社の始まりで、「難波下宮」と称され難波一帯の産土神でした。  後三条…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤手拭稲荷神社(あかてぬぐいいなりじんじゃ) 大阪市浪速区稲荷2-6-26

赤手拭稲荷神社(あかてぬぐいいなりじんじゃ) 大阪市浪速区稲荷2-6-26 由緒; 御祭神;豊受大神、宇受売神、大山祗命、猿田彦大神、倉稲魂命    伝によれば、慶長年間中(1596~1615)堤の中央に一大老松があって浪除松といわれ、その樹下に祀られた 神祠であるところから松の稲荷と称したが、不思議の霊験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敷津松之宮(しきつまつのみや)通称;木津の大国さん 大阪市浪速区敷津西1-2-12

敷津松之宮(しきつまつのみや)通称;木津の大国さん 大阪市浪速区敷津西1-2-12 由緒: 御祭神;素盞嗚尊、大国主命、奇稲田姫命、事代主命、少彦名命    敷津松之宮は明治迄は八坂神社・木津祗園宮と称していた。  社殿の由緒は 「神功皇后三韓より御帰帆の砌、住吉社を定めて武内宿称を随へ、浦伝へに敷津浜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廣田神社(ひろたじんじゃ) 大阪市浪速区日本橋西2-4-14

廣田神社(ひろたじんじゃ) 大阪市浪速区日本橋西2-4-14 由緒; 御祭神;撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)(天照大神の荒魂) 歴史  創建不明。  天王寺の鎮守で、今宮村では古くから正月には御所へ新鮮な鯛を2尾貢いだという。 明治5年(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)通称;今宮のえべっさん 大阪市浪速区恵美須西1-6-10

今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)通称;今宮のえべっさん 大阪市浪速区恵美須西1-6-10 由緒; 御祭神;天照皇大神、事代主命、素盞鳴尊、月讀尊、稚日女尊 創建は推古天皇の御代に聖徳太子が四天王寺を建立されたときに同地西方の鎮護としてお祀りされたのが始めと伝えられています。  戎さまは、ご存知の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野々上八幡神社(ののうえはちまんじんじゃ)  羽曳野市野々上622

野々上八幡神社(ののうえはちまんじんじゃ)  羽曳野市野々上622 由緒; 御祭神;八幡大菩薩 野々上八幡神社の由来  当神社は奈良朝から平安初期(約1207年前)にかけて野中寺とは宮寺形式となっていた。  永和元年(約614年前 )南北朝の争乱で社殿附近が野中寺城として戦場となったため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日吉神社(ひよしじんじゃ)通称名;山王山 羽曳野市西浦5-376

日吉神社(ひよしじんじゃ)通称名;山王山 羽曳野市西浦5-376 由緒; 御祭神;大山咋命 歴史街道 日吉神社  西浦から蔵之内、尺度に至る一帯は、古くから良質の水田が広がっていたため、物部氏・蘇我氏などの氏族や国の支配地でしたが、鎌倉から室町時代にかけては比叡山延暦寺の荘園となります。  そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more