テーマ:京都府

縣神社(あがたじんじゃ) 宇治市宇治蓮華72

縣神社(あがたじんじゃ) 宇治市宇治蓮華72 由緒: 御祭神:木花開耶姫命  この神社の創建年代等については不詳であるが、古くは大和政権下における県(あがた)に関係する神社と見られている。  1052年(永承7年)藤原道長が別業(別荘)を寺院である平等院とする際にその鎮守としたとされる。  江戸時代…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

回顧録・京都府立植物園へ芍薬&バラ&他を見に②・・・・・

回顧録・京都府立植物園へ芍薬&バラ&他を見に②・・・・・ R 1年 5月13日 撮影 京都府立植物園とは・・・・ 京都市左京区にある植物園。 日本で最初の公立植物園として、1924年1月1日に開園した。1946年から12年間は連合国軍に接収され閉園を余儀なくされたが、1961年4月に再開した。 園内には面積24…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

宇治市・三室戸寺(みむろとじ)へ紫陽花を見に・・・・・

宇治市・三室戸寺(みむろとじ)へ紫陽花を見に・・・・・ R 1年 6月20日 撮影 三室戸寺(みむろとじ)  京都府宇治市にある寺院。山号は明星山。本尊は千手観音。西国三十三所第10番札所。本山修験宗の別格本山。 wikipediaより 1万株のあじさいが杉木立の間に咲く様は紫絵巻のようで素晴らしい景観です。…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

宇治神社(うじじんじゃ)  宇治市宇治山田1

宇治神社(うじじんじゃ) 宇治市宇治山田1 由緒; 御祭神; 菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと) 『日本書紀』では「菟道稚郎子」、『古事記』では「宇遅之和紀郎子」と表記される。第15代応神天皇の皇子。天皇に寵愛され皇太子に立てられたものの、異母兄の大鷦鷯尊(のちの仁徳天皇)に皇位を譲るべく…
トラックバック:0
コメント:49

続きを読むread more

宇治上神社(うじがみじんじゃ/うじかみじんじゃ)・宇治市宇治山田59

宇治上神社(うじがみじんじゃ/うじかみじんじゃ)・宇治市宇治山田59 由緒; 御祭神は次の3柱。 左殿:菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)  『日本書紀』では「菟道稚郎子」、『古事記』では「宇遅之和紀郎子」と表記される。応神天皇皇子。天皇に寵愛され皇太子に立てられたものの、異母兄の大鷦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大豊神社(おおとよじんじゃ)  京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1

大豊神社(おおとよじんじゃ)  京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1 由緒; 御祭神;少彦名命、応神天皇、菅原道真公  この神社は少彦名命、応神天皇、菅原道真を祀っている。  社伝によると、応和3年(887)宇多天皇の病気平癒のため尚侍藤原淑子が勅命を奉じた勅願社であり、朝野の信仰が篤かった。建武の内乱、応仁の兵火な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊野若皇子神社 京都市左京区若王子町3

熊野若皇子神社  京都市左京区若王子町3 由緒; 御祭神;国常立神、伊佐那岐神、伊佐那美神、天照大神  当社は永暦元年(1160)後白河天皇が熊野権現を歓進して建立した。  若皇子の鎮守社で、社名は天照大神の別称若一王子に因んでこのように名付られた。以後 室町幕府及び武家の信仰を集める共に花見の名所としても知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総神社(そうじんじゃ) 京都市北区紫竹西南町46番地

総神社(そうじんじゃ) 京都市北区紫竹西南町46番地 由緒; 御祭神;天穂日命、八幡大神、天満大神、源義朝神霊  総神社は、山城国一之宮賀茂別雷神社三十八社の一つであります。  賀茂御読経所聖神寺の鎮守社として社僧の崇敬した神社であります。  創祀年代は祥らかではありませんが、社僧の始まりは白鳳年間と伝えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久我神社(くがじんじゃ) 京都市北区紫竹下竹殿町47

久我神社(くがじんじゃ) 京都市北区紫竹下竹殿町47 由緒; 賀茂別雷神社 第八摂社 久我神社 御祭神;賀茂建角身命 御神徳;御祭神が八咫烏となって道案内をされた御事蹟により、航空・交通安全の守り神として広く信仰され、又 近隣各町の氏神として敬まわれている。 御由緒;延喜式内の古社。神武天皇御東進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫竹貴船神社(しちくきふねじんじゃ) 京都市北区紫竹西北町55番地

紫竹貴船神社(しちくきふねじんじゃ) 京都市北区紫竹西北町55番地 由緒; 祭神;高●神(たかおかみのかみ)一柱一座  (●は雨の下に龍) 御神徳;  水徳を司り給う神様で人間の生活は素より動植物宇宙の生きとし生けるもの悉くの生成化育の生命力となって不断に活動されています。  本社は鞍馬山麓、貴船神社と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石井神社(いしいじんじゃ) 京都市北区小山元町25

石井神社(いしいじんじゃ) 京都市北区小山元町25 由緒; 御祭神;宇迦之御魂大神、石井稲荷大神並53社 御鎮座;昭和2年6月14日 八木トメ女により創建 御由緒;  大正吉年伏見宮山一ノ峯の御塚創建 石井大神と申し上げる。  昭和2年伏見稲荷一ノ峯より勧請当地に御遷座 石井大神を崇敬する信者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲葉神社(いなばじんじゃ)  京都市伏見区淀本町164

稲葉神社(いなばじんじゃ)  京都市伏見区淀本町164 由緒; 御祭神;祭神、稲葉正成公  祭神、稲葉正成公(1571~1628)は、淀藩稲葉家の祖である。  元亀2年(1571)に美濃国(岐阜県)本巣郡十七条の城主、林家に生まれ、長じて稲葉重通の娘婿となり、以後、稲葉を称した。ところが妻の死去により、明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

與杼神社(よどじんじゃ)  京都市伏見区淀本町167

與杼神社(よどじんじゃ)  京都市伏見区淀本町167 由緒; 御祭神;豊玉姫命、高皇産霊神、速秋津姫命  淀・納所・水垂・大下津の産土神として鎮座しています。 祭神は、中央に豊玉姫命、向かって右側に高皇産霊神、向かって左側に速秋津姫命の三柱であります。 この神社は、僧の千観内供が応和年間(9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満宮(てんまんぐう)  京都市伏見区淀新町75

天満宮(てんまんぐう)  京都市伏見区淀新町75 由緒; 御祭神;菅原道真公 詳細な資料・データは有りません。 社頭 一の鳥居(元禄8年・(1695)12月建造)・社号標 参道・境内 二の鳥居 元禄6年(1693)建造 拝殿 拝殿に掛かる神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凉森神社(すずしのもり じんじゃ) 京都市伏見区淀美豆町

凉森神社(すずしのもり じんじゃ) 京都市伏見区淀美豆町 由緒; 御祭神;白鬚大神、神速須佐之男命、大国主神、事代主神、菅原道真公  社格は明治6年に村社として指定されており、祭神は白鬚大神、神速須佐之男命、大国主神、事代主神、菅原道真朝臣である。  由緒(縁起)として元禄年間(1688~1704)火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首途八幡宮(かどで はちまんぐう)  京都市上京区知恵光院通今出川上ル桜井町102-1

首途八幡宮(かどで はちまんぐう)  京都市上京区知恵光院通今出川上ル桜井町102-1 由緒; 御祭神;誉田別尊(応仁天皇)、比咩大神、息長帯姫命(神功皇后)  王朝華やかなり頃、桃園親王の旧跡として知られる。境内地も広く池あり、篠山あり桃の木多く花爛漫と咲き稚児舞の奉納などありその情景は絵巻物の感あり諸人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴明神社(せいめいじんじゃ)  京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806-1

晴明神社(せいめいじんじゃ)  京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806-1 由緒; 御祭神;安倍晴明御霊神 由緒;  晴明神社は、平安時代中期の天文学者である安倍晴明公をお祀りした神社です。  創建は、寛弘4(1007)年。  晴明公の偉業を讃えた一条天皇の命により、そのみたまを鎮めるために、晴明公の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白峯神宮(しらみねじんぐう) 京都市上京区今出川通堀川東入飛鳥井町261

白峯神宮(しらみねじんぐう) 京都市上京区今出川通堀川東入飛鳥井町261 由緒; 御祭神;崇徳天皇、淳仁天皇  崇徳上皇は保元の乱に敗れて讃岐に流され、その地で歿した。  その後天変地異が相次いだことから上皇の祟りとされ、上皇が葬られた白峯陵(香川県坂出市)の前に、上皇を白峯大権現として祀る御影堂が建立さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊光殿天満宮(れいこうでんてんまんぐう) 京都市上京区新町通今出川下ル徳大寺殿町365

霊光殿天満宮(れいこうでんてんまんぐう) 京都市上京区新町通今出川下ル徳大寺殿町365 由緒; 御祭神;菅原道真、徳川家康  寛仁2年(1018)、菅原道真の6代後の菅原義郷が勅命により河内国若江郡に神殿を建てたのが始まりである。社名は、道真の左遷の際、天から一条の光とともに天一神・帝釈天が降臨したとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福長神社(ふくながじんじゃ) 京都市上京区室町通武者小路下ル福長町538

福長神社(ふくながじんじゃ) 京都市上京区室町通武者小路下ル福長町538 由緒; 御祭神;福井神、綱長井神、稲荷神  延長5年(927)成立の『延喜式』神名帳では、宮中の「神祇官西院坐御巫等祭神」のうちで生井神・福井神・綱長井神・波比祇神・阿須波神について「座摩巫祭神五座 並大 月次新嘗」と記されており、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅原院天満宮神社(すがわらいんてんまんぐうじんじゃ) 京都市上京区烏丸通下立売下ル堀松町406

菅原院天満宮神社(すがわらいんてんまんぐうじんじゃ) 京都市上京区烏丸通下立売下ル堀松町406 由緒; 御祭神;菅原道真公、是善、清公  親子三代の邸宅で菅原院がその前身。  左大臣・藤原時平によって大宰府に左遷させられた道真は都に戻ることなく延喜3年(903)に薨去。  その後、京の都には異変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白雲神社(しらくもじんじゃ)  京都市上京区京都御苑

白雲神社(しらくもじんじゃ)  京都市上京区京都御苑 由緒; 御祭神;妙音弁財天(市杵島姫命) 御祭神は妙音弁財天と称え市杵島姫命を祀る。  琵琶を家職とする西園寺家に楽神として伝えられ太政大臣西園寺公経卿北山第(京都衣笠大北山の西北、現在の金閣寺がその旧址である)の造営にあたり妙音堂を第一に建立、元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像神社(むなかたじんじゃ)  京都市上京区京都御苑

宗像神社(むなかたじんじゃ)  京都市上京区京都御苑 由緒; 御祭神;多紀理比売命、多岐都比売命、市寸島比売命 本社は宗像三女神、即ち多紀理姫命、市岐嶋姫命、多岐津姫命を主祭神として祀る。宗像三女神は別名「道主貴」といい、これは全ての道を司る神の尊称である。道の神(交通・運送の神)、また海の神(出産、生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)  京都市上京区京都御苑

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)  京都市上京区京都御苑 由緒; 御祭神;市杵島姫命、湍津姫命、田心姫命、祇園女御  当社は往昔平相國清盛公安芸の国佐伯郡に坐す厳島神社を崇敬の余り攝津の國菟原郡(うばらぐん)兵庫築島(神戸市兵庫区永沢町)に一社を設けてこの大神を勧請し給い鎮守されたのであり後、故あって側らに清…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)  京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)  京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町 由緒; 御祭神;吉備聖霊、崇道天皇、伊予親王、藤原大夫人、藤原大夫、橘大夫、文大夫、火雷天神  桓武天皇の時代、各地で疫病が流行した。これは御霊の祟りであるとして、貞観5年(863年)5月20日、平安京の神泉苑で御霊会が催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨木神社(なしのきじんじゃ)別名;萩の宮  京都市上京区寺町通広小路上ル染殿町680番地

梨木神社(なしのきじんじゃ)別名萩の宮  京都市上京区寺町通広小路上ル染殿町680番地 由緒; 御祭神;贈右大臣正一位 三條実萬公、内大臣正一位大勲位公爵 三條実美公  実萬公は、当時「今天神」と人々から尊称され、才職兼備のお方でもあった。光格・仁孝・孝明天皇に仕え、皇室の中興に尽し、王政復古の大義を唱えて、明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸神社(さいのかみのやしろ)  京都市上京区寺町通今出川上ル西入ル幸神町303

幸神社(さいのかみのやしろ)  京都市上京区寺町通今出川上ル西入ル幸神町303 祭神;猿田彦大神、天之御中主神、少彦名神、皇孫瓊瓊杵尊、事代主命、可美葦牙彦舅神、天照皇大御神、大國主命、天鈿女命  日本最古の縁結びの神として知られる当社の祭祀は、遠く神代に始まり、天武天皇の白鳳元年(661)に再興され、平安京創建時(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御霊神社(ごりょうじんじゃ)通称名;上御霊神社  京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495

御霊神社(ごりょうじんじゃ)通称名;上御霊神社  京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495 由緒; 御祭神;崇道天皇、他部親王、井上皇后、火雷神、藤原大夫神、文屋宮田麿、橘逸勢、吉備大臣  桓武天皇の時代、各地で疫病が流行した。これは御霊の祟りであるとして、貞観5年(863年)5月20日、平安京の神泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)  京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊前町489

猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)  京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊前町489 由緒; 御祭神;猿田彦大神、天鈿女命  上御霊神社の手前にある猿田彦神社は,今では小社となっていますが,かつては広大な境内で,将軍家より神事料として小山郷柏木田が寄進されていました。応仁の乱以後も度々火災に遭い,現在の地に移され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御金神社(みかねじんじゃ)  京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町614

御金神社(みかねじんじゃ)  京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町614 由緒; 御祭神;金山彦命、天照大神、月讀神  現在は、金色の鳥居など黄金色に飾られた神社で、お金を祭る神社として、資産運用や証券取引等の成功を願ったり、競馬競輪などでの勝利や、宝くじ等の当選を願う絵馬が大量に奉納されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more